たとえば、地球のことを知らないエイリアンに「デザイナー」のことを説明するとしたら、どんなふうに言う?「トマトジュース」の成り立ちとか、ううん、まずは地球や世界の説明からするのかな。

若い奇術師は朝だけ笑う

HOME

勢いで泳ぐあいつと飛行機雲

暑い季節は生ビールが非常にうまいけれど、ここ最近少ししか飲まなくなった。
20歳のころは、どれだけでも飲めたのに、年とともに翌朝にお酒が残るようになってあまり飲まなくなった。
ビアガーデンにも新社会人になった頃はすごくあこがれ、行くことがすごく楽しみだったけれど、仕事の関係であきるほど行って、俺の心の中では、現在、いいイメージがない。
けれども、取引先との付き合いの関わりでとても久々にビアガーデンに行った。
とても久しぶりにうまかったのだけれども、調子にのってたいそう飲みすぎて、やはり、次の日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

気分良く口笛を吹く家族と月夜
買い物中のお客さんは、ほとんどが日本人という感じだったのでその不思議な光景にもびっくりした。
店内の客は、ほぼ買い物目的の日本人という様子だったのでその雰囲気にも驚いた。
それは、韓国のスキンケア用品は肌の栄養になる成分が多く使用されているらしい。
もちろん、コスメにも惹かれるけれどショップの店員さんの言語能力にも凄いと思った。
日常生活程度なのかもしれないが、日本語が堪能。
私たちは、簡単な韓国語を使う気満々で向かった韓国旅行だけど、使わなくても大丈夫なようだ。
仕事で使用するなら、努力次第で外国語を理解できるということを知ることができた旅行だった。

汗をたらして自転車をこぐ父さんと枯れた森

業務で着用するジャケットを買いに向かった。
コムサ等フォーマルなショップも良いけれど、ギャルショップも悪くないと思う。
若くて活発な女性服の服屋で体にフィットするファッションが多数。
値段は店舗によっての差が表れるが、大体はお手頃。
店を選び、スーツを選んでいたが、細身の物ばかり売られていた。
着てみると、少しはあか抜けているように見える気もする。
良い感じのスーツ購入ができて、とってもラッキーだった。

汗をたらして大声を出す家族と冷めた夕飯
海がものすごく近くで、サーフィンのメッカとしても大変有名なスポットの歩いてすぐに住んでいる。
という理由で、サーフィンをしている人は大変多くいて、仕事の前に朝はやくちょこっとでも波乗りに行くという方もいる。
そんなふうに、サーフィンをしている人たちが多数いるので、誘われることがすごく多かったのだけれど、毎回断っていました。
それは、自分が、運動神経がにぶく、息継ぎできずに泳げないからだ。
それでも、泳げなくてもサーフィンはできると言われ、やってみたけれど行った場所は上級者が乗る場所で、テトラポッドが左右に広がっていて、波乗りのスペースが狭い海でした。
泳げない私は、パドリングをする筋力も少なくて、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

自信を持って吠える君と濡れたTシャツ

メジャーなお寺になっている、斑鳩寺、つまり法隆寺へ向かった。
法隆寺独特だという伽藍配置も十分見れて、五重塔、講堂も見せてもらった。
博物館では、国宝指定されている玉虫厨子があり、予想していたよりも小さなものだった。
法隆寺についてを勉強するには多分、かなりの時を必要とするのではないかと思う。

笑顔で跳ねるあいつと失くしたストラップ
仕事の関係で鹿児島に引っ越してみて、墓所にいつも毎日、花をなさっている人々がたくさんいるということに呆気にとられた。
高齢の奥さんは、日ごとに、墓所に花をしていないと、近所の目が気になるらしい。
日ごとに、菊をなさっているので、家計の中の花代もたいそうばかにならないらしい。
連日、近隣の老年期の奥さんは霊前に集まって献花をあげながら、語らいもしていて、お墓の陰気な雰囲気はなく、さながら、人が集う広場みたいに陽気な雰囲気だ。

泣きながら歌う友達とよく冷えたビール

テレビを眺めていたり街を歩いていると、可愛いな〜と思える人は多い。
顔立ちは、一般的な美人とは言えなくても、魅力があったりオーラがあったり。
それぞれの雰囲気は、その人の心の中かもしれない。
とても大事だと思う。
最近見てしまうのはアーティストの西野カナだ。
歌番組を見て、初めてインタビュー受けている姿を見た。
可愛い!と注目せずにいられない。
ベビーフェイスに、体つきも丁度いい感じ、淡い色が凄く似合う印象。
話し方がおっとりしていて、名古屋弁なのもポイントが高い。
彼女の曲は結構聞くけれど、話している姿を見て余計に大好きになった。

どんよりした日曜の昼に足を伸ばして
暑い季節にあったことを特別やっていないが、ともだちと日曜日、コテージをレンタルして炭を使ってバーベキューをやる。
毎年のお決まりだが、たまには、息抜きになる。
男のメンバーが少人数なので、非常に色々と火をおこしたり準備をしないとな。
特に、重い物を運んだりが、女性だと苦手な人が多いので、活躍しないと。
だけど絶対に皆でビールをがぶがぶ飲むその時は、アルコールをほどほどにするように気をつけよう。

雨が降る木曜の昼はゆっくりと

日本には、数多くのお祭りが開催されているだろう。
この目で見たことはないが、大変よく知っている祭りは、秩父夜祭で、別名、冬祭りがある。
圧倒されるような彫刻を施した、笠鉾が2基と屋台が4基。
秩父祭り会館を見学したときに、画像や実際の大きさの屋台と笠鉾を見せてもらった。
真冬に行われるので、冬祭りという別名でも呼ぶようだ。
実際に見たいお祭りの一つである。
逆に、夏に開かれているのは、福岡の放生夜があり、命ある者の命を奪う事を禁止する祭事。
今から大分前には、この祭事の期間、漁業もしてはいけなかったらしい。
トラディショナルな祭りも大切だが、私は屋台のリンゴ飴も同様に好き。

気持ち良さそうに自転車をこぐ姉ちゃんと季節はずれの雪
誕生日、友達から貰った香りは、かなり強いフローラルの匂いである。
似合うボトルを意識して選んでくれた商品で、ボトルが小さくて、飾りがついていて可愛らしい。
匂いも入れ物も大げさに言っても華やかとは言い難い香水だ。
香水ストアには多くの香水が並んでいたけれど、目立たない場所に置いてあった商品。
サイズはちっちゃい。
持ち運びやすくお気に入りだ。
外に出る時だけでなく、働く時もバッグの中に、家で仕事をするときはそばに置いている。
それで、バッグの中は、どれも同じ匂い。
いつでも身に着けているので、つけていないときは、「今日あの香りしないね」と気づかれる場合もたまに。
香水ショップでさまざまな香りをつけてみるのは好きだけど、この匂いが今までで最も気に入っている香りだ。

サイトカテゴリ