アナタが思っている「充実感」と、多くの人が想像する「豚の角煮」は、もしかすると全く違っているのかも。そんなことを想像してみると、少し変な感じがしない?

若い奇術師は朝だけ笑う

HOME

目を閉じてダンスする姉ちゃんと僕

急激にネットが無くてはならない物になるとは、中学生だった自分には全く想像できていなかった。
品物を扱う会社は今から競争が激化するのではないかと思う。
ネットを使用し、どこより価格の低い物を発見することが難しくないから。
レースが激しくなったところで、頻繁に見かけるようになったのが、セミナー起業や情報商材だ。
もう、成功するための手段が売れるようになっていて、何が何だかわからない。
手段と目的がごっちゃになってしてしまいそうだ。

薄暗い土曜の昼にゆっくりと
とある大事な仕事があったとき「なんとかなる」と考えていた昔。
当時の自分を含む新人みんなが「過ぎちゃえばなんてことないよ」など無責任に取り組んでいた。
見かねた教育担当の上司が促した内容が脳裏に残っている。
「達成に向かって頑張って日々を過ごしたからこそ、過ぎてしまえば成功するだけの話。
よって、この状況のように軽くとらえていて、偶然にも内容が単純だったという意味ではありません。
過ぎれば簡単だったと言う裏の意味は、それとは逆です。
事前にしっかり取り組み準備をしたからこそ、能力が有り余って、事が円滑に進んだと言う事実を言っています。
精一杯本気になれましたか?
甘く見ないで早く取り組んでください。」
という事。
この言葉があってから、私は必死に取り組みしっかり収めきることができた。

凍えそうな日曜の深夜は料理を

そんなには、ドラマは視聴しないほうだけれど、最近、それでも、生きていくをかかさず視聴している。
加害者側の家族と殺された小さな子の両親と兄達が出会ってといった流れで、ふつうに考えてあるはずがないストーリーの流れだと思う。
殺された側の親兄弟と殺人犯の親兄弟のどちらも悲しい内容が出されている。
ストーリーの雰囲気はすごく暗いと思うけれど、その分、ビジュアルはきれいなようにつくられている。
花や自然の映像が大変多く、牧歌的というのかきれいな映像がものすごく多い。
このあと、流れがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

自信を持って口笛を吹く家族とアスファルトの匂い
昨年から、鹿児島に住むようになって台風の直撃をとても気にすることになった。
強さが全然違うからだ。
長崎に住んでいたことも埼玉に住んでいたこともあるけれども、しかし、台風の風の強さが全然違う。
サッカーのゴールが転がっていくと聞いたときは、大げさだと思ったが、事実だった。
風速がすごい台風が通った後は、高いヤシや大木は道路に倒れ、海辺の道路は海からのゴミでいっぱいで車で走るのにも道を選ばないと走れない。
海近くの家では、車のガラスが割れたり、民家のガラスが割れ、風が入って天井が飛んだりと冗談と思っていたようなことを見た。
直撃せずにかすめていくだけでも風はとても強く、古い家に住んでいると家の揺れる音がめちゃめちゃ心配してしまう。

風の無い祝日の朝に椅子に座る

よく遊ぶちかこは頭がキレる。
頭が良いんだろうなーと思う。
絶対他者を傷つけたりはしない。
何コイツ!?と感じても、少しでも相手の気持ちも尊重する。
だから、許容範囲が膨らむし、強くなるのだ。
意見を押しとおす事より、この方が知佳子にとって優先なのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむやり方、起こったことを自分のものにするやり方をとても理解している。

雲の無い祝日の早朝に焼酎を
お盆が間近になって、とうろう流しなどの催しが近辺で行われている。
近所のイベント会場では、竹やペットボトルで作成されたとうろうが並べられていた。
近郊のイベント会場では、夜更けには電気の照明はついてなくて、とうろうの光だけなのは、たいそう眩しかった。
竹やすだれに囲まれてろうそくが光っていて、きめ細かい灯りになっていた。
温和な照明があたりの木々を照らしていてすごく眩しかった。

陽気に大声を出す母さんと夕焼け

アンパンマンは、幼児に気に入られる番組だけれども、しかしたいそう攻撃的に思う。
番組の終わりは、アンパンチとぶん殴って終わりにする時がめっちゃ多い。
こどもたちにもものすごく悪影響だと私は思ってしまう。
ばいきんまんとその他が、そんなに悪いことをしていない内容の時でも殴って話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんとその他を目撃したら、やめろといいながらすぐにこぶしを突き出している。
わけを聞かずに問答無用だ。
説得するわけでもない。
ただ、ぶん殴って解決するからいつになっても改善されず、いつも同じだ。
きっと原作は暴力的でないかもしれないけれど、テレビ受けの内容にする必要があって戦いのシーンをいれてそのようになっているのだろう。

具合悪そうに叫ぶ妹と俺
ある涼しい日のこと、少年はママからおつかいをたのまれて、ハクサイとねぎと豚肉を買いに行く途中だった。
少年は喜んだ。
今日はおなべだ!やったぜ!…と。
しかし、事件は次の瞬間に起きたのである。
なんと、ズボンのポッケに入れていたお使い用のお金2千円が、無くなっているのだ!
少年はお店のレジの行列に並ぼうとする時、まさかとは思っていたがズボンのポッケに手を入れて確認してみたのだ。
そしてその瞬間、お金がどこにも無いことに気が付いたのだ。
怒られるのを覚悟して、少年はしかたなく手ぶらで家に帰ることにした。
次からは、お金はクツの中かくつ下にしまっておこう。
少年は天を仰いでそう心に決めた。

控え目に走る友人と暑い日差し

ネットでニュースを閲覧するけれど、新聞を読むことも好きだった。
今は、0円で見れるインターネットニュースが多くあるから、新聞、雑誌はもったいなくて購入しなくなった。
ただ、読み慣れていたからか、新聞のほうが少しの時間で大量の内容を得ることができていたけれど、ネットのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、濃いところまで見やすいことはある。
一般的なニュースから関連した深いところを見やすいけれど、一般受けしなさそうな内容も新聞は小さくても記載しているので目に入るけれど、インターネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、アメリカ合衆国の債務不履行になるかもという話題がとても気になる。
債務不履行になるわけないと普通思うけれど、もしなったら、どの国もきっと影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

前のめりで大声を出すあの人とファミレス
甘い物がとても好みで、洋菓子や和菓子をつくるけれど、子供が大きくなって作るお菓子が限られてきた。
私たち夫婦がめっちゃ楽しみながら食べていたら、子供が自分も口にしたがるのは当然だから娘も食べてもいいものを私がつくる。
自分は、ガトーショコラがものすごく好きだったけれども、子供にはチョコ系のスイーツなどは小さなうちは食べさせたくないのでつくるのを控えている。
ニンジンやかぼちゃをいれたバウンドケーキが健康にもいいので、砂糖をひかえて入れて焼く。
笑った顔でうまいと言ってくれたら、大変つくりがいがあるし、またつくろうと思う。
ここ最近、ホームベーカリーも使用して焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

個人再生など借金とお金の無料相談
個人再生をしようと思っている方、司法書士・弁護士もう弁護士・司法書士には相談したでしょうか?借金返済問題の解決なら、専門家に相談するのが最善策です。

サイトカテゴリ